荷造りと荷解きのコツ

これまで住んでいた部屋の荷物を新しく生活を始める部屋に運ぶためには運びやすいように荷物をまとめる作業が必要になりますが、

 

これがいわゆる荷造りというもので単身引越しの場合に手伝ってくれる人がいない場合は時間が取られることも考えられるので転居が決まった時点から可能な荷造りから始めましょう。

 

荷造りをする場合にダンボールへ荷物をどんどん詰めていくことになると思いますが、詰めだけ詰めていくと最終的にはどこに何が入っているか分からなくなってしまうので分かるようにしておくのがポイントです。

 

ただし、単身引越しで業者に依頼している場合に荷物を運ぶスタッフにダンボールの中身を知られたくない人もいると思いますが、その場合は自分だけが分かるようなサインを書くか、番号を振って後から照会できるようにしておくとよいでしょう。

 

単身引越しだと慌ててしまうことも多いのでついつい中身のことを気にしないまま荷造りをしてしまうことも多いのですが、焦ってもいいことはないので落ち着いて効率性を第一に考えるようにしましょう。

 

また荷解きをする場合は大きなものから配置するというのが一般的になっていますが、ダンボールに関してはすぐに開封するようにせず、それぞれのダンボールに入っている物を確認して使用する部屋に置くようにしましょう。

 

一部屋でまとめて荷解きをして後から荷物を整理する人もいますが、結局後から運ばないといけなくなるので非効率になってしまいます。

関連ページ

不用品をオークションで売却
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
不用品をリサイクルショップへ売却
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
手続きをする
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
生活用品を買い揃えるタイミング
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
保障の有無について
単身引越しをする場合引越し業者に依頼する事がほとんどだと思います。業者によっては保障が無い所もありますので、事前に確認しておきましょう。