手続きをする

単身引越しの場合は、転居に向けた準備を一人で進めて行かなければならないので、思った以上に時間を取られてしまうこともあります。特に、転居日前後というのは、手続きなどに追われてしまうことになるので、単身引越しの場合は効率よく作業を進めて行く必要があります。
手続きは、転居日が決まった時点からできるものも多いので、できるものから早めに行いましょう。中でも比較的スピーディーにできるのが、ライフライン関係の手続きで、忘れていると、転居先で水や電気などを使用することができない可能性もあります。
また、転居により生活する市町村が変わる場合は、転居届を事前に出さないといけませんが、これを出しておかないと、新しく生活を始める市町村で転入届を提出することができないので、様々な行政サービスを受けることができません。
住所が変わることによって、住所の変更届を郵便局に出しておかないと、前の住所に届いてしまう可能性があるので、新住所が決まった段階で手続きしておくとよいでしょう。早めに手続きできることは、空いた時間を有効に活用しましょう。
単身引越しだと、自分一人で荷造りなどをすると、そちらに結構時間を取られてしまうので、直前になって慌てることもあります。できるだけ時間に余裕をもって行動するのがベストです。引越し後は、環境が変わることによって、精神的な負担が大きくなることを考えると、引越し前にいろいろと段取りをつけておくことをお勧めします。

関連ページ

不用品をオークションで売却
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
不用品をリサイクルショップへ売却
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
生活用品を買い揃えるタイミング
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
保障の有無について
単身引越しをする場合引越し業者に依頼する事がほとんどだと思います。業者によっては保障が無い所もありますので、事前に確認しておきましょう。