引越しの目的

住み慣れた家を離れ、新しい住宅に移り住むことが引越しですね。単身の場合は、春に進学や就職で住み慣れた町を離れて、新しい土地へ引っ越すことが多いのでしょうか。単身赴任が決まって、違う土地に住むことになった人もいるでしょう。
また、頑張って働いて、新しい住宅を建てたり、マンションを買えるだけの貯蓄ができて、転居するケースもありますが、どのような目的であれ、単身の引越しというのは、家族での引っ越しと違い、不安は大きいのではないでしょうか。
転居の場合は、荷物を新しい部屋に移す必要がありますが、単身の引越しだと、引っ越し業者に頼まず、知り合いに頼んで荷物運びを手伝ってもらうこともあるでしょう。単身での引越しの場合、引越し業者に頼むと、費用の負担が大きくなってしまうことがあるからです。
しかし、今は、引越し業界もかなり競争が激しくなっているので、単身パックなど、安い費用で引越しできるサービスが増えています。引越し業者間でも、様々な特典を揃え、サービス向上を図っているようです。
また、転居に伴い、新しい生活を始めるための生活用品が必要になることも考えられます。家具や家電など、いろいろ揃えていると、費用もかなりかさみます。最低限必要なものを揃えるだけでも、数十万円になる可能性もあります。単身でもかなり費用が必要になることも考えられるので、引越し費用は、細かいところまで、あらかじめ概算しておく必要があります。

関連ページ

単身引越しを個人でする場合
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
引越し業者利用の場合
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
単身引越しの日にち設定
単身引越しでの日にち設定はとても大切なポイントです。引越し業者によっては平日と休日で料金が違ったり、繁忙期は料金設定が高くなったりしますので参考にしてください。