単身引越しを個人でする場合

単身引越しは、家族での転居と比べ、新しい部屋に運ぶ荷物が少ないので、引越し業者に依頼しなくても、知人や友人、家族の力を借りることで、荷物運びができる場合があります。
ただし、業者を介さないで転居をするメリットがあるのは、せいぜい隣県への転居くらいまでで、それより遠くなると、よほど大きなトラックを持っている知り合いがいない限り、かえって輸送費が高くついてしまいます。距離が長くなるほど、業者に依頼したほうが安心です。
単身引越しを、自分だけでしようとする場合は、荷物を運ぶための車両が必要になりますね。軽トラックに積むことができるくらいの荷物であれば、ホームセンターで貸してくれることもあるので、生活に必要な商品を買う際に、利用するのも一つの方法でしょう。
これまでに引越しの手伝いをしたことがない人は、荷物運びの大変さにびっくりするかもしれません。引越し業者のスタッフは、荷物を軽々と運んでいるように見えるのですが、それは、彼らが教育を受けていて、なおかつ経験があるからです。素人が荷物を運ぶ場合は、いくら筋力に自信がある人でも、結構苦労するものです。
単身引越しを個人でする場合は、怪我やトラブルなどのリスクを考慮した上で、かかる費用を概算し、総合的に考えて最良な転居方法を決めることをおすすめします。また、業者に頼む場合でも、様々なプランを活用することで、かなり引越し費用を抑えることができる場合もあります。

関連ページ

引越しの目的
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
引越し業者利用の場合
単身引越し業者選びなら、60秒で最大10社から簡単に引越し業者から見積もり比較できるサイトを使いましょう。格安単身引っ越し業者などあなた好みの安い業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
単身引越しの日にち設定
単身引越しでの日にち設定はとても大切なポイントです。引越し業者によっては平日と休日で料金が違ったり、繁忙期は料金設定が高くなったりしますので参考にしてください。