単身引越しの基本記事一覧

住み慣れた家を離れ、新しい住宅に移り住むことが引越しですね。単身の場合は、春に進学や就職で住み慣れた町を離れて、新しい土地へ引っ越すことが多いのでしょうか。単身赴任が決まって、違う土地に住むことになった人もいるでしょう。また、頑張って働いて、新しい住宅を建てたり、マンションを買えるだけの貯蓄ができて、転居するケースもありますが、どのような目的であれ、単身の引越しというのは、家族での引っ越しと違い、...

単身引越しは、家族での転居と比べ、新しい部屋に運ぶ荷物が少ないので、引越し業者に依頼しなくても、知人や友人、家族の力を借りることで、荷物運びができる場合があります。ただし、業者を介さないで転居をするメリットがあるのは、せいぜい隣県への転居くらいまでで、それより遠くなると、よほど大きなトラックを持っている知り合いがいない限り、かえって輸送費が高くついてしまいます。距離が長くなるほど、業者に依頼したほ...

今まで引越しの経験が無く、重い荷物を運んだこともない場合はトラックを用いての転居は難しいと思われます。そういう場合は素直に業者を介して引越し作業を行うことをオススメします。というのも、重量のある荷物を運ぶのにはコツがあり、慣れてない人が無理にすると、怪我をしたり、荷物を傷つけたりしてしまう可能性があります。少しでも引越し費用を抑えたいという気持ちも理解できますがここはグッと抑えて業者に依頼しましょ...

単身引越しをする際に業者へ依頼する場合は最初に日にち設定をしなければなりませんが、いつするかというのが決まってないと業者側も動くことができないので、決まった時点で早めに業者探しをすることが大切です。特に繁忙期の時期になってくると平日でも土日でも関係なく予約でいっぱいになるようになるので、早めに依頼しておかないと他に予約が入ってしまって結局評判があまりよくない業者のところに依頼する羽目になってしまい...

これまでに転居を手伝った経験がなく、個人的に重たいものをあまり運んだことがないという人は自分でトラックを借りて転居を進めて行くのではなく業者に依頼することをおすすめしますが、重たい荷物には運び方のコツがあるものの、きちんとした教育を受けて場数を踏んでないと途中で荷物を落としてしまうことで怪我をしてしまう可能性があります。少しでも単身引越しにかかる費用を抑えたいという理由から個人だけでの転居を考える...

最近は引越し専門業者だけでなく配送業者や運送業者なども引越し業界に参入するようになっていますが、さまざまな業者が参入することによって業者同士で競争が起こることになり、ある業者は価格競争の潮流の中に入り、ある業者は品質競争の潮流に入るなど強みを見つけるために新たな取り組みをするところも増えてきます。業者にとっては事業の運営に関わる大きな問題になってきますが、消費者が受ける恩恵というのは非常に大きいも...